観光振興の優秀な事例として「一宮モーニング」が特別賞を受賞しました

更新日:2016/06/07

 一宮商工会議所(会頭:豊島半七)が取り組んでいる「一宮モーニング」が、平成28年度全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞(主催:日本商工会議所)において「観光立“地域”特別賞」を、本日受賞しました。

 本所では、当市における喫茶店のモーニングサービスを地域資源と捉え、そのおもてなし文化を「一宮モーニングプロジェクト」と題して地域活性化に取り組んでいます。
 その原点となる「一宮モーニング博覧会」を初めて開催してから今年10年目の節目を迎えることから、今年度の全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞に応募した結果、受賞したものです。
 なお、来る7月11日(月)、京都市で開催される「全国商工会議所観光振興大会2016 in 京都」において、受賞商工会議所に対する表彰式が執り行われます。

 本所では、この受賞を機に本事業の更なる進化を図り、観光振興や地域活性化を通じ更なる交流人口の増加を目指して参ります。

(参考)
全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞とは
地域資源の掘り起こしと活用、人的資源の育成によるホスピタリティの向上などを通じた観光振興の取り組みで、個が光り、他の模範となる活動を行う商工会議所を顕彰することで、観光立国の推進に資することを目的とする事業。
賞は、3年以上取り組んでいる事業を対象とし、「大賞」、「振興賞」、「観光立“地域”特別賞」、「奨励賞」、「広域連携特別賞」があります。

観光立“地域”特別賞とは
観光を地域活性化の大きな柱と位置づけ、「観光」と「まちづくり」が一体となった取り組みを行っている商工会議所を選定し顕彰するもの。

日本商工会議所「ニュースライン」ページ
 http://www.jcci.or.jp/news/2016/0607140000.html
「一宮モーニング」公式ページ
 http://ichinomiya-morning.com/