特定外来生物「ヒアリ」の発見に係る注意喚起について

更新日:2017/07/18

 愛知県環境部から、特定外来生物「ヒアリ」についての注意喚起です。
 本県において、去る6月30日に名古屋港鍋田ふ頭コンテナターミナルで特定外来生物である「ヒアリ」が確認されました。そして、7月10日に春日井市内の事業者の倉庫において内陸部で国内初となる「ヒアリ」が確認されました。
 「ヒアリ」は、攻撃性が強く、刺された場合、体質によってはアナフィラキシー・ショック(重度の即時型のアレルギー反応)を起こすおそれがあるなど人体にとって危険な生物であり、早期発見、早期駆除により定着前に根絶を図ることが極めて重要です。
 現在、県内主要港湾において、緊急調査、ベイト剤(殺虫餌)の設置等、水際での侵入防止対策を行っておりますが、今回発生した春日井市内の事案では、コンテナで輸送された物品に「ヒアリ」が付着して、荷主である事業者の倉庫内に侵入ということから、コンテナの開封、荷卸しの際の検査を徹底していくことが必要になっております。
 つきましては、 事業者の皆様方に、こうした状況を御理解いただきますとともに、コンテナからの荷卸し際に御注意をいただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。

■注意喚起文はこちらから⇒ダウンロード

■詳細はこちらから(愛知県ホームページ)⇒
 http://www.pref.aichi.jp/soshiki/shizen/solenopsis-invicta.html

■お問合せ先
 愛知県 自然環境課 野生生物・鳥獣グループ
 Tel:052-954-6230(ダイヤルイン)
 Fax:052-963-3526