共済加入

 充実した福利厚生は、万一に備えての保障や経営の安定と従業員の確保に欠かせません。

 商工会議所では、独自の制度や、国の制度、全国組織のスケールメリットをいかし、全国の商工会議所と連携したさまざまな制度をご用意し、大企業に負けないサービスをご利用頂けます。

特定退職金共済制度

 従業員の退職金を毎月計画的に積立てることにより、中小企業でも安定した退職金制度が確保できます。

⇒詳しくはこちら

小規模企業共済制度

 小規模企業の個人事業主や会社等の役員を対象にした、国(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する退職金制度です。

⇒詳しくはこちら

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)

 取引先事業者が倒産し、売掛金債権等が回収困難となった場合に、貸付けが受けられる共済制度です。

⇒詳しくはこちら

業務災害補償プラン

 経営者、従業員が就業中にケガをした場合、事業者が負担するさまざまな費用を補償する保険制度です。

⇒詳しくはこちら

中小企業PL保険制度

 PL法(製造物責任法)の施行に対応し、日本商工会議所・全国商工会連合会・全国中小企業団体中央会の三団体が共同で創設した団体保険制度です。

⇒詳しくはこちら

個人情報漏えい賠償責任保険

 従業員等の故意による漏えいは勿論、不正アクセス、ウイルスによる外部攻撃や過失などによる情報漏えいの結果加入者が被った経済的損害に対して保険金をお支払いする制度です。

⇒詳しくはこちら

休業補償プラン

 会員事業所の役員・従業員が病気やケガで働けなくなったときに所得を補償する保険です。

⇒詳しくはこちら

集団扱い保険

 会員事業所の事業主・役員・従業員の方を対象に、提携する保険会社の各種保険を集団扱いにすることにより、保険料を割安にできる場合があります。既に一般扱いで加入している方も、保険料のお支払い方法はそのままで集団扱いに変更できます。

制度の種類

  • 総合
     経営者の「万一の事態」と「就業不能」に備えながら、「勇退後のための資金」も築くことができるプランです。
     在任中は就業不能保障や死亡保障として、勇退時は解約時の払いもどし金を利用した役員退職慰労金としてもご活用いただけます。
  • 低払型定期保険
     98歳満了の長期保障で企業経営をサポートします。
     在任中は死亡保障として、勇退時は解約時の払いもどし金を利用した退職慰労金としてご活用いただけます。
  • 定期保険群集団
     在任中の事業保障資金や死亡退職金・弔慰金、事業承継への対策資金としてご活用いただけます。
     解約時払いもどし金がないため、割安な保険料で保障を準備できる保険です。
  • ガン治療保険
     ガンの主な治療方法、「手術」・「放射線治療」・「化学療法(抗がん剤治療)」を保障します。
     ガンによる疼痛などの緩和を目的とした「緩和ケア(緩和療養)」を保障します。