一宮コスチュームタウン構想事業

一宮コスチュームタウン構想事業

 一宮市が持つ繊維に関する高い技術(モノづくりの技術)や豊富にストックされた生地等を活用し、認知度が高まりつつあるポップカルチャーの一つである「コスプレ」に着目し、一宮市における最大の観光催事「織物感謝祭・一宮七夕まつり」の会期中に、コスプレイヤーによるパレードや関連イベントを開催することで、コスプレ文化の発信地として「一宮市」を広くアピールするとともに、年間を通じた観光振興を目指すプロジェクトです。

 これまでに、一宮七夕まつり内で「一宮七夕まつりコスプレパレード」を開催したほか、ハロウィンの衣装を親子で製作する「手作りハロウィン衣装教室」の開催、名古屋学芸大学と共同によるファッションショー「名古屋学芸大学によるハロウィンコレクション2015」の実施、国内唯一の「糸」の展示商談会及び作品展示会である『JAPAN YARN FAIR&総合展「THE 尾州」』におけるブースの出展など、取組みは多岐にわたります。

公式ホームページ

一宮コスチュームタウンプロジェクト(公式ホームページに移動します。)

お問い合わせ先

一宮コスチュームタウン構想事業 担当