労働保険

労働保険とは

 労災保険と雇用保険とを総称した言葉です。

 労働保険は、農林水産の事業の一部を除き、労働者を1人でも雇っていれば、事業主は加入手続きを行い、労働保険料を納付しなければなりません。

労働保険事務組合とは

 事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣の認可を受けた団体です。

事務委託できる範囲

  1. 概算・確定保険料などの申告・納付事務。
  2. 保険関係成立届、雇用保険の事業所設置届の届出等に関する事務。
  3. 労災保険の特別加入の申請等に関する事務、雇用保険の被保険者に関する届出事務。
  4. その他労働保険料についての申請、届出、報告に関する事務。

事務委託をした場合のメリット

  1. 事務組合が一括して事務処理をしますので事業主の負担が軽減されます。
  2. 労働保険料を金額にかかわらず年3回に分割納付することができます。
  3. 通常は加入できない事業主及び家族従事者も労災保険に加入することができます。

 ※建設業・製造業の方に多く加入していただいております。(一人親方を除く)

委託時の必要書類

  • 法人:①登記簿謄本 ②代表者印 ③銀行印 ④通帳 ⑤労働者名簿
  • 個人:①住所・屋号記載の請求書や領収書等(写) ②運転免許証 ③事業主印
  •    ④銀行印 ⑤通帳 ⑥労働者名簿

委託事業主の事務処理範囲

  1. 法定台帳(労働者名簿・出勤簿・賃金台帳)の備え付け。
  2. 「労働保険料算定基礎賃金等の報告」当所への提出。
  3. 雇用保険に係る「入社退社報告書」(当所で用意)当所への提出。
  4. 労災保険の保険給付に関する請求等事務。

委託手数料

 概算保険料の8%(別途消費税)[最低額¥5,000-(別途消費税)]です。

お問い合わせ先

労働保険事務組合 担当